2014年06月19日

私の結婚式

私の両親は京都・太秦で「ふぁみりぃ」というクリーニング屋さんを20年間、経営していました。

実は…

クリーニング屋さんを始めるまでは、なかなか定職に就けなかった父

クリーニング屋さんは天職だったようで

嫌だ、大変だと口では言いながら

毎日、楽しそうだった父

弟が「俺がクリーニング屋を継いでも良いよ」と言った時

内心、嬉しくて仕方ないくせに「おまえは自分の道を行きなさい」と却下した父

クリーニング屋を他人に譲り渡すことが決まり「これでホッとした」と言いながら、とっても寂しそうだった父

クリーニング屋を辞めてからも、せっせと家族の衣類にアイロンをかけ続けてきた父

やりがいがなくなって、認知症になったのでは?と心配して

病院受診を勧めたこともありましたが …

私の結婚式では、両家代表の謝辞を見事に暗記した口上を述べ、カラオケまで披露してくれて安堵しました

私の旦那さんからは…

クリーニング屋ではなくても意思を継ぐことはできると思う。君のお父さんの意思は僕が継いでいくと

RSジンジャー

次の新事業の名称は「ふぁみりぃ」にしよう!と

早速、電話で父に伝えたら

この上なく喜んでくれました

o(^-^)o

父の日に感謝を込めて
【関連する記事】
posted by Flower at 21:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。